中欧で160年愛され続けた
ハンガリーの至宝

お知らせ一覧

05/13

ジェルボーHPリニューアルオープン

ジェルボーとは

過去から現在、そして未来につなぐ

ブタペストで160年以上の歴史を誇るカフェ
趣味のいい家具に囲まれたサロンでは多くの文化人・芸術家・著名人が集い、ケーキやアイスクリームが人気を博し、瞬く間に評判の待ち合わせスポットとなりました。 有名なピアニストであり作曲家のフランツ・リスト氏もジェルボーの常連客のひとりでした。

◆エリザベートに愛されたカフェ
ハプスブルグ家に嫁ぎ、ハンガリー王妃となったエリザベート(シシーという愛称)がジェルボーをよく訪れました。
王妃はさまざまな歴史の変遷があるハンガリーが、平和な独立国家となった礎を築いた人物として、長期にわたり、国民に慕われています。

ジェルボーの歴史

ジェルボーは1858年、ヘンリー・クグレーにより創設されました。
1882年、クグレーはエミール・ジェルボーとパリ出会い、ビジネスパートナーとして迎え入れました。彼の進取の気性に富んだ精神と人並みはずれた才能はクグレーとの出会いでさらに開花し、カフェは一層繁栄しました。
それまでカフェにはなかった新製品を加えて革新をもたらし、ブリュッセルとパリでの世界博覧会の審査員への招聘や、パリで名誉賞を与えられるなど、数々の賞を授与されました。
店名も(ジェルボー)へと変更され、彼が亡くなった1919年以降1940年までは妻の エステルが経営を承継し、常にその高い水準を保つように努めました。

共産圏時代、一時、店名は『Vorosmartyヴォロシュマルティ』となりしたが、1984年にジェルボー家により買い戻され『GERBEAUD ジェルボー』と以前の店名に戻りました。
1990年に入ると、ハンガリーに訪れる外国人観光客にとって人気の観光スポットとして再び輝き出しました。
1997年にはカフェが大改装され、内装とシャンデリアやテーブル等の調度品に19世紀前後の懐かしさと優雅さを取り入れると共に、モダンなテラス席を設ける等、古き良き時代と現代とを調和させた新たな物語が始まりました。
ジェルボーの豊かな歴史は、今でもジェルボーの持つ優雅な趣に受け継がれています。